[公開]2017/04/17 [更新]2017/04/17

市川海老蔵が嫌われ発言?北朝鮮の戦争やミサイルの問題は日本と無関係ではない

市川海老蔵さんが15日、「ニュースみて Xデーってなんだよ、ふざけるな!アメリカと北でやっとけ 日本を巻き込むなよ!と めちゃくちゃ朝から不快です!!」(原文まま)と北朝鮮問題に言及したことが話題となりました。

更に後のブログ更新で、卓球の平野選手が4強に進出したニュースをピックアップし

「嬉しいですね!こういうニュースはいいなぁ~ 戦争なんていう愚かな事はせず スポーツで国と国が争えば十分です。そう感じてもらえるような日本のオリンピックになる事を強く願います」(原文まま)

とスポーツと戦争を絡める発言をされました。

一見、平和を願う発言に見えますが、果たして海老蔵さんはどれくらい北朝鮮問題に詳しいのでしょうか…?

北朝鮮の戦争やミサイルの問題

北朝鮮問題はアメリカの問題ではなく日本も多いに関係している

横田めぐみさん拉致事件を初めとする多くの日本人拉致事件を見るに、北朝鮮問題は日本と無関係と断言できるのは、ひとえに「海老蔵さんが巻き込まれていないだけ」だからではないでしょうか。

 

拉致事件被害者のご家族のことを思えば明らかに日本は問題の中心におり、「アメリカだけでやってろ」などと言えないはずです。

 

また、北朝鮮の幹部が「日本に先制攻撃を仕掛ける可能性もある」と発言をしたり、これまでも日本の排他的経済水域にミサイルを着弾させるなど、北朝鮮の挑発はアメリカだけでなく日本に向いていることも明らかです。

 

海老蔵さんの情報不足は否めないでしょう。

 

むしろアメリカは巻き込まれた側

アメリカは日本と韓国に基地を置いており、その代わりに有事の際には両国を守る義務があります。

 

度重なる北朝鮮の韓国や日本への挑発、拉致事件をアメリカは軽視できない立場にあるのです。

 

トランプ大統領がオバマ前大統領よりも軍事行動に積極的なのは確かですが、

 

安倍首相がトランプ大統領就任当時から北朝鮮問題について相談していたのを見るに、アメリカが日韓を一方的に利用しているとは言い難い状況です。

 

「スポーツ」=「戦争」?

スポーツは現代における代理戦争とは一部でよく言われることです。

 

しかしながら、まだ未成年の伸び盛りの選手を引き合いに出して、戦争と絡めてスポーツを説くのは不適切な発言ではないでしょうか。

 

スポーツにマイナスイメージを植え付けてしまいます。卓球の平野選手は本当に卓球が好きで好きで仕方ないといった印象の少女です。

 

努力や成果を褒め讃えるのではなく、ほんの数分前に「不愉快」と断じた戦争を引き合いに出すのは、世界4強まで登りつめた若きアスリートに対するリスペクトが足りないように感じます。

 

平野選手もこのような形で名前が上がるとは思ってもいないことでしょう。

 

所詮は関係がないことだから「関係ない」と言える

海老蔵さんは、奥様である小林麻央さんが乳がんで闘病中であることを公表され、たびたびブログでその件について言及されています。

 

また、小林麻央さんもブログを開設し、自身の闘病生活を綴られています。

 

そのこと自体は責められるようなことではないでしょうし、多くのガン患者やご家族に勇気を与えられていると思います。

 

しかし、北朝鮮の拉致事件に苦しむ日本人の存在を無視して、排他的経済水域にミサイルを撃ち込まれ困っている漁師の存在を無視して、

 

「日本は無関係」と断言してしまう姿勢を見ると、「あなたがたの闘病生活だって自分には無関係だ」と言いたくなる人も多いのではないでしょうか。

 

自分の痛みには敏感だけど他人の痛みには鈍感な人に、共感は生まれません。

 

今は自分に関係がないことでも、誰かが苦しんでいることに共感し、共に考える姿勢は重要なことです。いつ、その人の立場に自分がなるかわからないのですから。

 

詳しくないことは語らないに限る

海老蔵さんが時事ニュースをブログに取り上げるのはこれが初めてではありません。

 

1日に何十回と更新されるブログは「アクセス数で奥様の医療費を賄っている」と実しやかに語られています。

 

ゆえに、こうした過激な発言をされるのかもしれませんが、詳しくないことは語らないに限ります。

 

発言力が強い人ほど、よく考えて発言することが求められます。

 

歌舞伎界を牽引する市川宗家の後継で、奥様の闘病記録で注目を集める海老蔵さんのブログは、日本国内だけでなく、世界中に発信されるものです。

 

今、世界中から注目を集める北朝鮮情勢について語るならば、今一度、自分の立ち位置を考え、推敲してブログを更新していただきたいと思います。

 

【無料】外国人出会い!数ある手段の中で一番簡単で確実な方法とは?